カードローン知識

信販系のキャッシングについて

キャッシングと聞くと消費者金融系や銀行系を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、信販系のキャッシングというものがあることをご存知でしょうか。信販系というのは信用販売系を縮めた呼び方なのですが、消費者金融系や銀行系のものとはちょっと違ったものなんです。普通キャッシングを利用する際にはキャッシュカードを使うのですが、この信販系キャッシングですとクレジットカードを使ってお金を借りるというスタイルになります。ですから既にクレジットカードを所有している方にとっては、信販系のキャッシングは利用しやすいものであると言ってもいいでしょう。審査に関しては消費者金融系よりも難しく、銀行系より受かりやすいといった特徴があります。金利に関しては消費者金融系より低く、銀行系より高めになるケースが多いです。ですから消費者金融系と銀行系の中間といった感じのキャッシングという認識になるかと思います。サービスがかなり多彩になっていますので、信販系のキャッシングを利用されてみてはどうでしょうか。


消費者金融と銀行カードローンの密接な関係

消費者金融というとあまり良いイメージを持たない方もいますが、銀行で扱われているカードローン商品にも、実は消費者金融会社が関与していることが多いのです。
カードローンは担保を必要としない無担保ローンです。それだけでなく、契約時に保証人すら不要なのが一般的です。では、返済遅延が発生した場合に誰が保証するのかというと、実はカードローンを扱う金融機関が提携している保証会社が保証を行うことになっているのです。そして、驚くべきことに保証会社として銀行カードローンに関わっているのが消費者金融会社なのです。
銀行カードローンと消費者金融会社では、その成り立ちが異なります。世間でのイメージにも違いがあることから、それぞれで扱われているカードローン商品にも違いがあると思われがちです。ですが、現実的には銀行カードローンの保証会社となっているのが消費者金融会社というケースは非常に多く、審査基準もまた消費者金融会社の基準に準拠していることが少なくありません。実際の貸し主は消費者金融と銀行カードローンで違いがありますが、これらは密接な関係を持って成り立っているのです。